トピックス

「おとくん」のしっぽ→音符の長さ(音価)

  • レッスン日記
  • 先生のつぶやき

IMG_0047

1年生の◇ちゃん。まだ1ヶ月ちょっとのお付き合いです。

 

IMG_0045-1-1

 

リズム教材、ノートと2曲のレッスンです。

リズムと曲、両方の教材には

①てのかたち

②めはがくふ

③おとくんのしっぽ

と書いてあります。

手と耳と目・・・。

「ピアノはじめまして」の小さなお子さまには

いつも気にかけて伝えている部分です。

「おとくんのしっぽ」は

「ピアノランド」の樹原涼子さんの講座で

数年前に学びました。

その時に、音のON、OFFや

ペダルによって変化する「音君」を

ペープサートで作ってみました(^_-)-☆

 

◇ちゃん、まだ1ヶ月ちょっとですが

「おとくんのしっぽ」を

見られる(聴ける)ようになってきました。

すばらしい! (^_-)-☆

音楽だもんね。聴くって大事よね。

◇ちゃんもこちらの世界(どちらよ…)に

誘おうと思います。へへっ(∩。∩)ゞ

 

ピアノは(ピアノの音は)

音を出す瞬間(ON)と、音の切り方(OFF)でしか

コントロールできません。

ピアノの音は空中に解き放たれたら

減衰の一途をたどります(減らないで~と追いかけても)

弦楽器や声楽(歌)のように

発音後、1つの音の中でクレッシェンドができません。

「♪ラぁ 」のように・・・

減っていく音を聴ける耳をもってもらいたいです(^_^)v

ご予約・お問い合わせ

ページトップへ戻る