トピックス

お勉強してきました  レクチャーコンサート

  • 先生のつぶやき

昨晩、ジュニアコースのレッスンは

お休みさせてもらい、

千種文化小劇場に行きました。

モダンピアノの原点、エラールのピアノと

最新技術素材のカワイ SK-EX

の聴き比べができる

レクチャーコンサートです。

聴いたエラールのピアノは

1845年製造のものでした。

セバスチャン・エラールが

ダブルエスケープメントの

特許を取得したのね。へ~(*^^*)

ダブルエスケープメントは高速連打を

可能にしたのは有名な話。

これなければリストの超絶技巧練習曲は

なかったのよね。

休憩中やコンサート終了時には

楽器を近くで見ることができました。

エラールのピアノはダンパーが

弦の下にあるのね。

譜面台やリラの部分が

とてもキレイ(*^^*)

エラールとSKを

ほぼ交互に弾いてくれました。

当たり前ですが、音色が全然違う

ピアニストに、弾いた感じの違いが聞けたら

もっとよかったな~  と思いました~😃

ショパン、リスト、ブラームスなど

作曲家たちが使っていた

楽器を知ったり

その音色を聴くことは

楽曲を読み解くプラスになる(^^)

調律師協会主催の

このレクチャーコンサート

次回も楽しみです\(^o^)/

ご予約・お問い合わせ

ページトップへ戻る