トピックス

結婚披露宴…サプライズ演奏

  • レッスン日記(大人ピアノ)

少し前に、

サプライズ歌唱の伴奏を頼まれたというTさん(ピアノは小学生時代に緩く習っただけだとおっしゃっていました)から、

問い合わせのお電話をいただきました。

本番(ご友人の披露宴)の2週間前のことでした。

 

もともと決まっていた伴奏の方が、

都合により出席できくなったとかで、

急きょ、頼まれたそうです。

 

Tさんは、何から手を付けていいのか

分からなかった(だったかな?)ので、

あちこちのお教室に問い合わせをしたそうです。

でも、断られたそうです。

やはり、そうでしたか…。

当教室もHPに掲載してありますが、

せめて “3ヶ月前にはご相談していただきたい” ものなのです。

あと2週間しかないとのことですので、

ちょっと厳しいかな。責任持てないかも。

ゆえにお断りしようか…。と思いましたが!

お電話の様子から、

とても困っていらっしゃるのが伝わってきて…。

それに、どうしてもやりたい。頑張る!と

おっしゃっていましたので…。負けてしまった(←どんな言い方よ!)。

お引き受けしました。

 

引き受けたものの、本当にできるのか〜?

たったの2週間で?

楽譜を見ながら弾くのが難しい方が…。ん〜〜。

正直申しますと、当時はかなり不安でした。

でも、やるしかないです!

 

1週目は4日間連続でレッスンし、

最後まで弾けるようにしないとなりません。

たまたま、大人ピアノコースのレッスンが午前中になかったので、できました。

楽譜がほぼ読めない状態で弾く方々は、

やはり、鍵盤の位置を覚えていくしかないです。

だから、和音ばかりの伴奏をフルコーラス分覚えるのは、かなり大変です。

というか、間に合わないので、

えーい!ドレミで書いてしまおう!ってことで、

2回目のレッスン後、Tさんに

「こことここは、コード進行が同じなので、繰り返すことで覚える数を減らします!あとは、Tさんの分かりやすい方法でいいので、紙に全部ドレミで書き出してきてください!」

この日の夜の作業は大変だったと思います。

でも、これをしないと、おそらくできなかった…。

 

Tさんも不安な日々を送っていたと思います。

全力で導きました。応援しました。

 

2週目の2日間で、本番に向けた練習の仕方や心構えなどをお伝えしました。

緊張状態で弾くとはどういうことなのか、

実際に経験していただきました。

 

披露宴本番の二日前、緊張した状態でも、

演奏を止めずに最後まで弾けていましたので、大丈夫かな! (^^♪

当日はきっと上手くいきますよ…♪

あれから…

しばらく経ち、Tさんからお手紙が届きました。ありがとうございます(*^^*)

レッスンと練習を繰り返している時、不安でしかたなかったこと、

本番はとっても緊張して手の震えがすごかったけど、最後まで弾けたことなど。

\(^o^)/ よかったです~。

そして、お礼の言葉を本当にたくさんいただきました (*^^*)。

 

こちらこそ!ありがとうございました。

とってもいい経験をさせていただきました。

先生としての引き出しが一つ増えました(*^^)v。

Tさんの熱意に負けて(←よしなさい、その言い方(^ ^;))

本当によかったです。

ご予約・お問い合わせ

ページトップへ戻る