トピックス

緊張していても、いつも通りにピアノを弾くために

  • レッスン日記(幼稚園保育士)

高校生のMさんです。

高校生になってすぐに

「保育系に行きたい」と

ピアノレッスンをスタートしました。

今はその進路について(どこの学校に行くか)

少し考えているようです。

Mさんは、高校の先生やご両親のお話を

しっかり聞いて、自分で調べ、足を運び

よ〜く考えています。

陰ながら応援しています!

ファイト!

ピアノも随分できるようになり、

今は課題のバイエルやカデンツだけでなく

ペダルを使ってポピュラー曲にも

チャレンジしています。

いずれ、人前で演奏(伴奏)する日がきます。

緊張した状態でも弾けるように

今回、初めて教室行事の「動画撮影会」

に声をかけました。

誰もいないスタジオ(または小ホール)で

概ね自分の記録のために

動画撮影するという行事です。

「え〜緊張する〜(^_^;)人前…」

「大丈夫。人はいないよ。でも緊張するよ~😉」

「緊張の練習ってことですね?」

「そうそう!」

Mさんは、言葉遣いがちゃんとしてる…

家族のことも必ず父、母、祖父、祖母と言い、

レッスン中には

「ここはこうした方がいいよ」のアドバイス後に、

それができた時には

「先生がおっしゃったようにやったらできました〜」

…高校生からあまり聞かない言葉遣いだったので、一瞬ビックリ…。

私の高校生時代?あり得〜ん!

そんな物言い、したことがないです😅

希望する職業につけるように、

そのための学校に行けるように、

ピアノ部分を全力で応援しています(^o^)

 

ご予約・お問い合わせ

ページトップへ戻る